歯ぐきから血が出た経験はありませんか?

歯周病は、自覚症状がないままに進行し、最終的には歯がポロリと抜け落ちることもあるお口の病気。誰もが発症する可能性があり、“国民病”とも呼ばれています。

あなたも歯周病予備軍かも?~歯周病チェックリスト~

あなたは歯周病ではありませんか? 以下で当てはまる症状があるかチェックしてみましょう。これらに一つでも当てはまれば、歯周病を発症している可能性が高いといえます。

  • 歯みがき時に歯ぐきから血が出ることがある
  • 口腔内がネバつくことがある(起床時や疲れたとき)
  • 口臭がひどくなった
  • 固いものを噛んだときに歯ぐきから血が出る
  • 歯が以前より長くなったように見える
  • 歯がグラグラしている
  • 歯ぐきから膿が出ている

歯周病の進行段階

初期 中期 末期
  • 歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなり、そこへ歯石が溜まり始めています。
  • 痛みなどの自覚症状はありませんが、疲れたときに歯がうずいたり、腫れぼったく感じたりするケースも。ブラッシング時に出血することがあります。
  • 歯周ポケットはより深くなり、深い部分まで歯石が溜まり始めています。
  • 歯ぐきの炎症のほか、歯を支える顎の骨が溶かされ始めています。
  • この段階でもあまり自覚症状はありませんが、多少しみることがあります。
  • 歯の根の深い部分まで歯石が付着しています。
  • 歯を支える顎の骨が半分以上溶かされ、指で歯の周囲の歯ぐきを押すと、出血やグラつきがあります。
  • 放置すると、歯が抜け落ちることがあります。

歯周病の治療法

歯周病の治療の基本は、歯垢(プラーク)や歯石を除去すること。歯石はブラッシングでは取り除けないので、歯科医院で専用器具を使って除去する必要があります。当院では、進行段階や歯石の付着している部分に応じて、適切な処置を行います。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

初期・中期の歯周病に対して行う外科的処置。局所麻酔を施し、歯周ポケット内部にこびりついた歯垢や歯石、膿や感染組織を専用器具を使って徹底的に取り除きます。

レーザー治療

レーザー光を当てて歯石を柔らかくし、取り除きやすくします。また、レーザーには治癒力を向上させる効果も期待できるため、膿や出血がある部分へ照射することで傷の治りが早くなることがあります。

歯周病はプラークコントロールが必要な病気です

歯周病治療後も、適切なメンテナンスを怠るとお口の中に歯垢が溜まり、歯周病が再発してしまう可能性があります。歯周病は心疾患や肺炎、脳血管障害や早産・低体重児出産といった全身のトラブルにも関係しているということがわかっています。当院では、歯周病だけでなく、歯周病によって引き起こされるトラブルを防ぐためにも、予防歯科の受診をおすすめしています。歯周病治療後は、口腔内の健康と全身の健康のためにも、継続してプラークコントロールを行いましょう。

歯周病にならないために、予防が重要です

PAGETOP