入れ歯治療をご希望の方へ

失った歯を補う補綴(ほてつ)治療の中でも、長い歴史を持つ治療法「入れ歯」。現在も多くの方が選択されているものの、お使いの方の中には使用感が悪くて「痛い」「すぐ外れる」「よく噛めない」といったお悩みを抱えている方は少なくないようです。

入れ歯は、お口にぴったりと合ったものを作れば、快適にお使いいただけます。当院では、患者様のお口の中をしっかり診査したうえで、精度の高い入れ歯作りを行っています。また、入れ歯は作製後も少しずつ変化する口腔内環境に合わせて調整していく必要があります。当院では、患者様のお口に合わせたベストな入れ歯作りをお手伝いするだけでなく、定期検診を通じて快適に使い続けられるようサポートもしております。これから入れ歯を検討されている方、現在お使いの入れ歯でお悩みの方は、お気軽に当院へご相談ください。

保険と自費の入れ歯を比較

入れ歯は保険診療で安価に作ることができる一方、自費でこだわりの逸品を作ることも可能です。保険と自費の大きな違いは、使用する素材や技術の選択肢の広さ。保険だと、素材にレジン(歯科用プラスチック)しか使えず使用する技術にも制限があります。自費の入れ歯には、そういった制限が一切ないため、患者様のお口の状態に最適なものが選択できます。

 
保険の入れ歯

自費の入れ歯
使用素材 レジン(プラスチック)のみ 多種多様な素材の中から選択可
使用技術 部分入れ歯には金属バネを使用 最新技術も取り入れられる
使用感
  • 慣れるまで違和感がある
  • 食べものの温度が伝わりにくい
  • 噛む力が充分に発揮できない
  • 噛む刺激が伝わらず、顎の骨が痩せやすい
  • 軽いもの、薄いものなど使用感のよいものを作れる
  • しっかり噛めるものができる
  • 周囲の歯に無理がかからない形状など、さまざまなタイプの中から選べる
  • お手入れがしやすい
耐久性
  • 壊れやすいが修理しやすい
  • 壊れにくいが修理できないものがある

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯
特徴 保険で作製できる入れ歯。素材はレジン(プラスチック)しか使用できないため床が厚くなります。
メリット
  • 保険適用で安価に作製できる
  • どんな症例にも対応可能
  • 修理・調整がしやすい
デメリット
  • 壊れやすい
  • 床が厚く使用感が悪い
  • 床が厚く食べものの温度が伝わりにくい
ノンクラスプデンチャー
特徴 金属バネ(クラスプ)を使用せず、樹脂で歯ぐきに吸着する部分入れ歯です。
メリット
  • 入れ歯とわからないほど見た目が自然
  • 金属不使用でアレルギーの心配がない
  • 軽く・薄く、周囲の歯へも負担が少ない
デメリット
  • 熱に弱く、汚れもつきやすい
  • 修理できないことが多い
  • 自費診療のため高価
シリコンデンチャー
特徴 歯ぐきにあたる部分にシリコンを使用した入れ歯。噛んだときの歯ぐきへの衝撃をソフトに吸収します。
メリット
  • クッション性が高く痛みを緩和する
  • 吸着が良く、外れにくい
デメリット
  • 自費診療のため高価
  • 修理しにくい
金属床義歯
特徴 歯ぐきにあたる床部分に金属を使用し、床を薄く軽くした入れ歯です。金属の強度を生かして、床を薄く、軽くすることができます。
メリット
  • ほとんどの症例に対応できる
  • 熱伝導が良く食べものの温度が感じられる
  • 頑丈で壊れにくい
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 自費診療のため高価
  • 金属アレルギーがある場合は、素材を選ぶ
  • 壊れにくいが修理・調整がしにくい

入れ歯も定期的にメンテナンスが必要です

お口にぴったり合った入れ歯を作っても、口腔内環境には変化が起こるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。特に顎の骨や歯ぐきは、加齢とともに痩せていくため、どうしても次第に入れ歯が合わなくなっていくことがあるのです。

入れ歯が外れやすくなった、ズレて痛みがあるといったお困りごとがあれば、いつでも当院へご相談ください。他院で作った入れ歯の調整も承ります。

入れ歯がずれる、痛い方は当院へご相談下さい

PAGETOP